現役社会保険労務士が語る年収の真実

現役社労士として働く私が年収や仕事の実態についてここでお伝えしていきたいと思います。

まず現在、社労士として登録しているのが約33,000人以上いると言われています。
その中で独立して開業している方もいれば会社(事務所)に勤めている方もいます。
そして厚生労働省の調べでは社労士の平均年収は約500~600万になるそうです。
「えーっ!それだけ」と思った人も中にはいるかもしれませんが、
きちんと周りを見渡せば決して低い年収ではありません。
国税庁や厚生労働省が調べたあるデーターによるとサラリーマンの平均年収は437万円、
上場企業に勤めているサラリーマンでも平均年収が590万くらいです。

この数字と比較してもらえばわかりますが、決して安くはないはずです。
さらに現在不況により定職に就けない人も多い中、
資格を持っている(専門職)と言う強みがあり転職・就職のしやすさも魅了的です。
もちろんこれはあくまで平均ですので、全然稼げない人もいるでしょうし、 平均より高い人もいます。
では次からはどうすれば年収の高い社労士になれるのか?
これから社労士を目指す方は是非理解して下さい。

社労士として年収が高い人とは?

まず一般的に年収の高いほとんどの人は、多くの顧客をかかえ、沢山の仕事をこなしています 。
当たり前ですが、根本的にそこの部分はどの職業でも変わりません。
社労士の場合、顧客を抱えるには必然的に開業している人になります。
もちろん自ら開業していなくても事務所に勤めている方で多くの仕事をこなしている人もいますが、
事務所の方針で年収が決まってしまいまので 多くは望めないでしょう。
又普通の企業に働いている方では、自社の仕事だけになりますので、
年収は会社に基準に則った事務職と同じになるはずです。

そうすると年収を上げる一番手っ取り早いのは、自ら開業し多くの顧客を抱えることが ベスト条件になります。
しかし現実にはそう上手くはいきません。

多くの顧客を抱える為には社労士としての仕事以外の部分が必要になります。
人脈を生かしたり、広告を利用するなど積極的にやる必要があります。
俗言う営業力やマーケティング能力ですね。
社労士として年収が高い人はその部分が優れています。
又今は、多様な顧客のニーズに応えられるように社労士以外の資格と併用して様々な仕事を請け負えるようにしている人もいます。

例えば行政書士の資格を取り、行政書士として土地売買の契約書類作成の仕事を貰い、 顧客から信用を得て、
後々社労士としての仕事を貰うというようなやり方もしている方も いました。
要は社労士に限らず年収の高い方は、常に自分を高め工夫している人たちです。
まずはどのくらいの年収が欲しくて、その為に社労士として何をやって行けば良いのか、
受験する前からしっかりとイメージをして下さい。

このページの先頭へ