社会保険労務士に合格する為に

社労士の試験は国家資格で、内容も難しく、合格率も大変低いものになります。
ちなみに平成27年度の合格率は2.6%でした。
また受験者のレベルも高く、合格するのに10年以上かかったと言う人もいるくらい難易度が高い資格です。
これを聞いて「それじゃー私には無理だ!」
とほとんどの人は思ってしまいがちです。でもちょっと待ってください!
合格するには秘訣があります。
その秘訣は一言で言えば「教材選び」なんです!

「勉強方法や勉強時間の方が大事だよ!」と言う人もいると思いますが、確かにそれも凄く大事です。
良い教材を使っても勉強時間が足りなかったり、勉強方法が悪いと結局合格できませんから。
ではどんな時に勉強してみたくなるか考えて下さい。
まず勉強して見たくなる時は必ず「もっと知りたい」「私もこうなりたいと」と何かしらの興味が沸いてくると思います。
そして、書籍やインターネットを使って勉強し、知っていくことが楽しくなり、もっと勉強したくなる。
このような流れになってきます。

それではこう言うのはどうでしょうか?
例えばパソコンに興味があってそれを深く知る為には
何千ページもある辞書でしか勉強できないと考えればどうでしょうか?
たいていの人はすぐに嫌になり、挫折してしまいます。でもそれが辞書ではなく漫画だったらどうでしょう!
きっと覚えることが楽しくなり勉強していても苦にならないと思います。

基本的に受験勉強の教材もこれと同じです。
特に社労士は出題範囲が広く覚える事はたくさんあります。
辞書のような教材を使っていれば勉強するのが苦になり、
非効率な勉強法になるはずです。
ですので教材はとても重要なのです。
ここを理解しないで勉強に入ってしまうと社労士のような難しい試験では途中で挫折してしまいます。
まずはしっかりとした教材選びをして下さい。

そこで、私がオススメするのは、通信講座が提供する教材です。
もちろん通学も良いと思いますが、
時間、場所、お金の問題があり利用するのが難しいケースが多いと思います。
特に働きながら勉強する人はなおさらです。
また独学だと教材は、書店で市販されているものを購入しますが、
社労士に合格する為にはちょっと内容が寂しく、
最終的に通信や通学を利用する人が多くいます。

しかし通信だと合格する為のノウハウが詰まった教材を提供してくれますし、
(駄目な通信もたくさんある)
比較的低予算で、好きな時間に勉強できるので、忙しい人にはピッタリです。
ここで良い通信が提供する教材のポイントをまとめておきます。
是非参考にして下さい。

  • テキストがフルカラーなっていること。
  • 文字だけではなく図表化されているテキストになっていること。
  • 覚えられそうな適度な量のテキスト(多すぎず、少なすぎず)
  • 見て、聞いて覚える為にCD・DVDが用意されていること。

上げれば他にもあると思いますが、合格する為にはこのポイントは抑えて、通信講座を選んで下さい。

≪ 前のページ次のページ ≫

このページの先頭へ