社会保険労務士の仕事内容

社労士の仕事内容は、

  • 雇用保険、社会保険、労災保険などの書類作成や代行手続き
  • 年金の相談・請求手続き
  • 人事・労務管理に対してのコンサルティング
  • 給与計算・年末調整の代行
などの業務を行います。
企業で働く従業員に対して法律に関する専門的な仕事になります。
それでは具体的にどのような事を行うか例を上げてみます。

例えば企業には労働保険に加入する義務があります。
労働保険は、雇用保険や労災保険を指しますが、
企業は労働者のその年度の給料見込み額を計算して1年分の労働保険料を予め納めなくてはいけません。
そういった事の代行を行います。
又コンサルティング関係では企業の就業規則・賃金体制、福利公正・人事関係などに関して書類作成や的確なアドバイスをしていきます。
このコンサルティングは実際の現場で経験と実績を積んで業績アップのノウハウを学んでいけば
まだまだ掘り起こせる分野になると思います。
その他にも業務内容はたくさんありますが、要は企業の人事や総務関係全般の仕事を行います。
次にこれからの社労士としての可能性をお話します。

社労士は、今の時代背景を考えて今後仕事の需要がどんどん増してくる事になると思います。
今は、年金問題が話題となり、これからも法改正が進んでいくと思われます。
年金制度は複雑で一般の人にはまだまだわかりにくい面もあります。
そんな時に社労士は個人に対して年金の相談・請求手続きも行えますので、
今後もますます求められていきます。

また不況の影響により派遣切りで雇用問題も話題になりました。
正社員・バイト・パート、契約社員・派遣社員など雇用形態も多様化しております。
その中で労働時間・賃金・福利厚生の整備に関しての需要も増えてくるでしょう!
特に今伸び盛りの企業で、今までは労働保険は社内で行い、
就業業規則、労働条件など曖昧な会社もあります。
一から経営者が社内整備を行うだけの時間がないので、
社労士の力を必要としている企業もまだまだたくさんあります。
もちろんこれらは社労士になったからと言ってすぐに出来ることではありません。
現場での経験が大切になっていきます。
どの資格でもそうですが資格を持っているだけでは、入口に過ぎませんので、
資格を生かして自分を高めていくことが大切です。

≪ 前のページ次のページ ≫

このページの先頭へ