年収が安定するからくりとは

社会保険労務士で開業したら、他人に指揮命令を受けることはありません。自分自身が「自分の事務所でいちばん偉い人」になるのです。報酬を稼いだら、それすべてが自分の年収になりますね(あとで人を雇ったら、給料等を払ってあげないといけませんが)。
社会保険労務士で、特に桁違いの年収を手中におさめられるチャンスがあるのはまさにこの独立開業型を選んだ人たちです。

とはいえ、「独立する」「開業する」ということは、誰にも頼れないということです。養ってもらえる立場ではありません。全部自分で判断して切り抜けていかないといけないのです。つまり、失敗や廃業、下手をすると債務を負う恐れもありますね。

それでも社会保険労務士は、比較的年収を安定させやすい資格だといわれています。「●●士」という名称を持つ資格はよく「士業」と呼ばれますが、この一連の士業で独立開業した場合、社会保険労務士は他の資格と比べて年収が安定する可能性は低くありません……なぜならば、社会保険労務士は顧客との間に「顧問契約」を結べるからです。この契約は、「毎月●万円を支払う」といった規約になっていることがほとんどなのです。つまり、安定した収入を受け取れるチャンスが多いのです。

社会保険労務士の仕事は、社会保険や人事・労務関係のコンサルティングが主体です。これらの業務は、単発の依頼で終わるものよりも継続してやる必要があるものが大半です。そうなると、顧問契約を結んで、いつまでも同じ人にやらせたほうが企業にとっても好都合なのです。

独立・開業をする社会保険労務士を目指すなら、この有利さを活かして年収を安定させ、上を目指すことがおすすめですね。

≪ 前のページ次のページ ≫

このページの先頭へ